食と健康

二十四節気

秋分(しゅうぶん)
24節気[16] 9月23日~10月7日

秋分の日が来ると、季節が変わったことを実感し
そこかしこに「小さい秋」を感じます。

秋の七草。
萩、尾花、葛、撫子、女郎花(オミナエシ)、
藤袴、朝貌(桔梗)。

春の七草が、主に食用であるのに対して、
山上憶良が万葉集で詠んだ秋の七草は、
暮らしに密着した鑑賞の花が選ばれています。

秋彼岸には「おはぎ」。
秋は、萩の花にちなんで「おはぎ」といいますが、
春は、牡丹の花にちなんで「ぼた餅」、
夏は「夜舟(よふね)」、冬は「北窓(きたまど)」といい、季節を表しています。