食と健康

二十四節気

立春(りっしゅん)
24節気[1] 2月4日~2月18日

24節気の始まりは、立春。
一年の邪気をはらった節分(2月3日)の翌日、
旧暦の正月にあたります。

梅も咲き、陽光もやわらいでくるこの季節、
まさに春の始まりを実感するころです。

八十八夜や二百十日は、この立春から数えての日数のこと。
農作業の目安のもととなる日でもあります。

春になると、「肝」は「気」を巡らせて解毒を促し、
代謝を活発にすると言われています。
たらの芽、ふきのとう、豆苗、菜の花などの新芽で
「肝」の機能を高めることも大切です。

また、立春の日には、再び春がめぐってきたことを祝って、
赤飯とおせち風の祝い膳も春の季節を感じさせてくれます。