食と健康

二十四節気

穀雨(こくう)
24節気[6] 4月20日~5月5日

穀雨とは、百穀を潤す春雨のこと。

春に降る雨は、まさに穀物のための雨。
雨のあとに、田畑には陽炎(かげろう)が立ち、
一雨ごとに黒々としてきます。

蓮華の咲くころ、田圃から蛙の声も。
畑では、新じゃがいもがとれるころです。

春は魚も美味しい季節です。
眼張(めばる)は春告げ魚と言われ、
筍が出回るころのものは「筍眼張」と呼ばれ、
季語にもなっています。

新緑が薫風に舞い続ける、
清々(すがすが)しい季節です。